忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
最新コメント
[07/13 斧田]
[07/13 なななんとななし]
[03/20 斧田]
[03/20 なななんとななし]
[01/08 斧田]
最新記事
プロフィール
HN:
斧田
自己紹介:
特に触手と百合は好きではありません
好きじゃないけれども興味があるので描いている感じです
先生と言われるほど立派な人柄ではないので
出来れば先生と呼ばないでくれると嬉しいです
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログは週一更新くらい、基本サゲ更新で!!!
更新できた時にはあげましょう!!
サゲたらそれこそだーれも読まないでしょうけれども!!

─・─・─・─・─・─・─


ブログのプロフィールに書いてるけれども私は特に触手も百合も好きという訳ではありません
じゃぁなんで描いているのかといえば、友人に貸してもらった触手漫画が事の発端でありまして!
それを読んだ時に

『この生き物たちは何故人間の女性ばかり狙うのだ』

『もしかしたらこの生き物は元は人間の男性で、何らかの理由でこのような姿になったのが原因で異性と交流できず女性を襲っているのではないか』

『元が人間ということは、考えるに改造人間説が濃厚かな!!!』

『女性の個体はいないのかな!』

『見た目は確かにおぞましいけれども何故人間に友好的な個体が一体もいないんだろう』

『この生き物たちだってもっとまともに喋れたら普通にコミュニケイションできるはず!』

『でもコミュニケイションするにしてもこんなおぞましい姿のものとと好き好んでコンタクトする人間もなかなかいないなぁ』

『じゃあ逆に人間嫌いな人ならばコミュニケイションとる相手もいないし、そういう生き物と喋れるはず!喋らねばならぬ状況になるはず!』

と、色々な疑問、それからそれに対する自分なりの解答が生まれきましたとさ!

もう一つのきっかけは、ある作者さんのブログに適当にコメントした際に返してもらった
『早く百合漫画を描く作業に戻るんだ!』
というコメントが鍵になりました

これら二つが鍵になってこの漫画が生まれました

ブックマンせんせには感謝しております

構想が浮かんでいる漫画に考えを向けてみると
「理解できないものを理解しようとする」が自分が漫画を描く際のテーマになることが多そうな気がします

─・─・─・─・─・─・─


おまけ


ペンタブ物故中な訳です
遅筆な自分は少しでも早く描き進めたいが為にマウスで描きました
大してペンタブと変わらない気もしますね
マウスでも良いかと思ったけどこれで描くと手首のダメージが尋常じゃないので早く帰ってきてほしい・・・

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]